気になる!ニキビ跡を確実に消す治療法

炎症後の赤ニキビ跡のケア

「炎症後の赤ニキビ跡」を消すためのケアとしては、「十分な保湿」と「ビタミンの摂取」が非常に有効です。
基本的に延焼したニキビの出っ張ったニキビ跡を消すためには、通常の「ニキビ」防止ケアとして一般的な、からだの内側からのケア(食事や睡眠)やニキビ用の薬の使用だけでは不十分です。保湿パックや保湿クリームなどで乾燥を防ぎ、ニキビの再発生・症状の悪化を防ぎつつ、ビタミン成分を大量に含んだ化粧水やオイルなどを使用して、定期的に肌に栄養を与えていくことが重要です。炎症後の赤ニキビ跡は刺激するとまた新たなニキビが発生し、ニキビ跡がどんどんひどくなってしまうので、こうしたケアを行うとき以外は、できるだけ触らないように心がけましょう。

クレーターニキビ跡のケア

「クレーターニキビ跡」のケアを行う際に気をつけなければならないことが、「専門家や医師の指示にしっかり従い、独自のケアを行わないこと」です。というのも、「クレーターのニキビ跡」はそのサイズの大小にかかわらず、「何度もニキビができたことによって肌質が硬くなってしまい、肌の回復力が衰えてしまっている状態」であり、ニキビそのものを防ぐためのケアや、通常ニキビケアに有効とされている血行をよくするマッサージなどが「強い刺激」となってしまい、余計に悪化してしまうことが多いからです。そのため、確実な「クレーターニキビ跡」のケアをしたい際は、一度皮膚科で診察をしてもらい、適切な薬を処方してもらったり、専門的なケアを病院で行ってもらうことをお勧めします。