ニキビ跡ができる原因とは?

なぜニキビ跡ができるのか

お肌に茶色いシミになるのは、メラニンという色素が原因とされています。このメラニンができる主な原因は、ニキビがお肌にできたとき、お肌はニキビの原因である雑菌を静めるために活性酸素を作り出して攻撃します。雑菌から肌を守るために生成された活性酸素は、健康的なお肌の細胞にも攻撃をしてしまいます。その活性酸素からお肌を守るために、ホルモンがメラノサイトを刺激し、メラニンが作られます。シミやくすみの原因として幅広く知られているメラニンですが、実は強い日差しや雑菌から私たちのお肌を守る大切な役割をしているのです。シミやくすみの原因を作らないためにも、日頃から日焼け止めをしっかりとつけ、目から入る紫外線もカットするなど徹底的に紫外線対策をする必要があります。

おうとつニキビが出来てしまったら

お肌にでこぼこのニキビ跡が出来てしまったニキビは、肌の表面だけではなく内部まで傷ついたことにより、おうとつのニキビ跡が出来てしまいます。このでこぼこの跡が残る原因は、赤いニキビが原因です。赤いニキビは炎症がとても進んだひどい状態です。赤いニキビになったからといって、必ずしもでこぼこの肌になるわけではありません。ですが、長い時間お肌に潜伏し続けますとでこぼこのニキビ跡になる可能性が高まります。市販の薬でこのでこぼこの跡を治すことは出来ないので、クリニックにてレーザー治療をする必要があります。またレーザー治療をより効果的にするためにも、規則正しい生活とバランスのいい食事、ニキビケアをしっかりと行いましょう。