ニキビ跡には種類があるって本当??

赤みタイプと色素沈着タイプ

ニキビ跡には種類があります。
ニキビの炎症がそのまま赤く残ってしまったタイプ、ニキビが傷になり跡が色素沈着してしまったタイプ、ニキビ跡が凹凸状になってしまったクレータータイプに大きく分けることができます。
炎症が残っているタイプは、毛細血管が透けて見えている状態で、肌に跡がついているわけではありません。この段階で刺激を与えずにやさしくスキンケアを行うことで、綺麗な状態に戻すことは可能です。
色素沈着してしまったタイプは、肌に色がついているので、直すのが難しくなります。肌のターンオーバーに合わせて徐々に薄くなっていくので、肌の状態を整えターンオーバーが乱れないように意識しましょう。跡が深いと完全になくなってくれないこともあります。

クレータータイプは三種類に分けられる

クレータータイプは最も深刻です。ニキビによって毛穴や周囲の肌が壊されてしまい、元の状態に戻らなくなってしまっています。
クレーターニキビはさらに形によって「アイスピック型」「ローリング型」「ボックスカー型」に分けられます。アイスピック型はアイスピックで刺したように皮下組織まで深く傷が残ってしまっている状態です。ローリング型やボックスカー型に比べれば範囲は狭くピンポイントです。ローリング型は、まさにクレーターのように半円状にへこんでいる状態です。アイスピック型よりは傷は浅いですが、範囲は広いです。ボックスカー型タイプは、先に挙げた二つよりはダメージが少ないタイプで、長方形の形にへこんでいます。
治すことの難しいクレーター型ですが、きちんとしたケアをすることで、状態を悪化させないことはできます。